“きょとうれん”の漢字の書き方と例文
語句割合
巨頭連100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何よりろしいのは、両派の巨頭連が、自分たちの勢力を張るために、青年将校の意をえることに汲々として、全軍に下剋上の風を作ってしまったことだ。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)