“きょしんへいき”の漢字の書き方と例文
語句割合
虚心平気100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
て世の中の人心の動くその運動の方向緩急を視察して面白くて居るが、又一歩を進めて虚心平気に考うれば、私が兎角政界の人に疑われると云うのも全く無理はない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)