“きょくづき”の漢字の書き方と例文
語句割合
曲擣100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
赤門を出てから本郷通りを歩いて、粟餅曲擣をしている店の前を通って、神田明神の境内に這入る。そのころまで目新しかった目金橋へ降りて、柳原片側町を少し歩く。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)