“きょがんじゅうじょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
巨巌重畳100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これ岩櫃山というて正平年間吾妻太郎行盛の城跡、巨巌重畳、断崖聳立、山中に古戦場あり、今日に及んでなお白骨のわるものありという。