“きょえんがんらい”の漢字の書き方と例文
語句割合
去燕雁来100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とはいえ去燕雁来の季節である。洛内の旅舎は忙しい。諸州から秋の新穀鮮菜美果などおびただしく市にはいってくるし、貢来の絹布や肥馬も輻輳して賑わしい。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)