“きょうはい”の漢字の書き方と例文
語句割合
狂悖100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は怏々として楽しまず、狂悖の性は愈々抑えくなった。一年の後、公用で旅に出、汝水のほとりに宿った時、遂に発狂した。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)