“きょうそうぼうげん”の漢字の書き方と例文
語句割合
狂噪暴言100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山令に誹議を申したて、あまっさえ、範宴少納言入壇の式に、その礼鐘の役目を故意に怠り、仏法を滅するものは仏徒なりなど狂噪暴言を振舞うこと、重々罪科たるべきに、ここに
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)