“きゆうりゆうもん”の漢字の書き方と例文
語句割合
穹窿門100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
我は身を彼水上のに托して、水のに入りぬ。樓屋軒をならべて石階のは直ちに水面に達し、復た犬ばしり程の土をだに着けず。家々の穹窿門は水に架して橋梁の如く、中庭は大なる井の如し。