“きゅうぞうむねのり”の漢字の書き方と例文
語句割合
九蔵宗範100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鷲津次郎長世より十三世を経て、鷲津九蔵宗範なるものが天正十三年八月越中の国の合戦に前田利家に従い深手をり、後に志津ヶ岳の戦に手柄をなした。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)