“きやぼ”の漢字の書き方と例文
語句割合
生野暮100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そういう方面の交際を全く嫌った私の生野暮って、「遊蕩も少しはして見ないとホントウの人生が解らんものだ、一つ何処かイイ処へ案内しようじゃないか、」とい云いした。
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)