“きやくかん”の漢字の書き方と例文
語句割合
客感100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
〔譯〕閑想客感は、志の立たざるに由る。一志既に立てば、百邪退きく。之を清泉湧出せば、旁水渾入することを得ざるにふべし。