“きやうづくゑ”の漢字の書き方と例文
語句割合
經机100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四邊見𢌞せば不圖眼にとまる經机の上にある薄色の折紙、取り上げ見れば維盛卿の筆と覺しく、水莖の跡やかに走り書せる二首の和歌
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)