“きやうきよく”の漢字の書き方と例文
語句割合
竟極100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その無心のに入れりとすべきは、生涯のに幾日もあらず。誰かく快楽と苦痛の覊束を脱離し得たるものぞ。誰か能く浄不浄の苦闘を竟極し得たるものぞ。
心機妙変を論ず (新字旧仮名) / 北村透谷(著)