“きむらかいしゅうおう”の漢字の書き方と例文
語句割合
木村芥舟翁100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左の一篇は木村芥舟翁稿り、時事新報掲載したるものなり。その文中、瘠我慢関係するものあるを以て、ここに附記す。