“きみしげ”の漢字の書き方と例文
語句割合
公重100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孫七郎公重といい、剣は、上泉伊勢守の門流を汲み、神陰流の奥秘に達して、さらに三河国奥山明神に参籠して、自己の哲理を発明し、以後みずからえて「奥山流」といっていた人である。
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名) / 吉川英治(著)