“きみかわぶんご”の漢字の書き方と例文
語句割合
君川文吾100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遅れ咲きの八重ざくらが、爛漫として匂う弥生のおわり頃、最愛の弟子君川文吾という美少人を失って、悲歎やるせなく、この頃は丹青の能をすら忘れたように、香をじて物を思い
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)