“きみあん”の漢字の書き方と例文
語句割合
黄身餡100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
豆腐蒸と行きましょうか。ごくごくの淡味にして、黄身餡をかけてもらいましょう。焼物は、魴鮄の南蛮漬。口がわりは、ひとつ、手軽に、栗のおぼろきんとんに青柳松風焼
顎十郎捕物帳:16 菊香水 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)