“おかゆ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
陸湯57.1%
御粥42.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仕方噺しかたばなしになっちゃかえってこんがらがるぜ、——男湯の方の陸湯おかゆの汲出し口から突き上げるはないか」
陸湯おかゆのでる鐵管の栓をひねつてみたが、もう一滴の湯もでなかつた。
盲目 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
「いや、人はどうだか私一人としてはなんだ。ところで今夜だ——御飯は済んだと云う、御粥おかゆを食べたんだとさ。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
近頃一向御目にかからず、健康も時々御違和の由承り居候えども、疾に御全快の事とのみ存居候いしに、いまだに御粥おかゆと玉子にて御凌ぎは定めて御難渋の事と御察し申上候。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)