“おうぎょよう”の漢字の書き方と例文
語句割合
王漁洋100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
王士禎といってはお判りにならないかも知れませんが、王漁洋おうぎょようといえば御存じの筈、清朝第一の詩人と推される人物で、無論に学者でございます。
「半江紅樹売鱸魚」は王漁洋おうぎょようの詩である。夕陽村落、楊の深いところに蟹を売っているのも、一種の詩料になりそうな画趣で、今も忘れない。(明治37・10)
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)