“うきくろう”の漢字の書き方と例文
語句割合
憂苦労100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
誠に是れは思掛けないことで、何うもその死んだ七兵衞殿のお引合せと仰しゃるは御尤もなこと、実はわしの忰山之助と申す者と三年前から巡礼を致して、長い間旅寝の憂苦労うきくろうを重ね、ようやく今日あだを討ちましたが
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)