“いがらし”の漢字の書き方と例文
語句割合
五十嵐100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
———瀬越側は、当人一人と云うのもさびしいし、と云ってわざわざ国元から近親者を呼び寄せるべき場合ではないので、幸い瀬越の同郷の先輩で、房次郎の勤め先国分商店の常務をしている五十嵐いがらしと云う中老の紳士がいたのを
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)