“あいぶ”の漢字の書き方と例文
語句割合
愛撫100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かつては美しく蠱惑にみちて、恋いわたり、男の愛撫に打ちまかせて夜ごとに情炎を燃やした身を、ひっそりと埋めていることだろう。
イオーヌィチ (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ほんに、どのような宿世であったか、その晩以来、雪太郎は、菊之丞の手に引き取られて、やさしい愛撫を受ける身となったのだ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
時々源氏の不純な愛撫の手が伸ばされようとして困った話などは、だれにも言ってないことであったが、右近は怪しく思っていた。
源氏物語:31 真木柱 (新字新仮名) / 紫式部(著)