“責務”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せきむ66.7%
つとめ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
貿易ぼうえき發達はつたつはかつてくことが、吾々われ/\政府せいふ責務せきむであり
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
「島の誰かが合図をするだろう、僕らは今の責務せきむ完遂かんすいしようじゃないか」
恐竜島 (新字新仮名) / 海野十三(著)
いと高き處に坐し、その責務つとめを怠りしごとくみえ、かつともの歌にあはせて口を動かすことをせざる者は 九一—九三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)