“孤立無援”の読み方と例文
読み方割合
こりつむえん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まえには、人穴城の強敵あり、うしろには徳川家とくがわけの大軍あり、あまたけは、いまやまったく孤立無援こりつむえんの死地におちた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白痴の心にもお蘭が自分から失われ、自分は全く孤立無援こりつむえんで世の中に立つわびしさがひしひしと感じられた。現われて来る眼に見えぬ敵を想像して周章あわてはてた。
みちのく (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
彼は、爆発点に達しようとする憤懣ふんまんをおさえるのに、骨を折った、孤立無援こりつむえんの彼は……。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
孤立無援こりつむえんの中に、苦闘していた城兵は、思わぬ劉玄徳りゅうげんとくの来援に、幾たびも歓呼かんこをあげてふるった。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
婿の代になって崖の上からの研究費は断たれたので、復一は全く孤立無援こりつむえんの研究家となった。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
——かねてから主君勝家かついえは、若年じゃくねんにおわし、しかも、孤立無援こりつむえんに立ちたもう伊那丸いなまるさまへ、よそながらご同情いたしておりました。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「毛利家の圧迫、四隣の策謀さくぼう、まったく孤立無援こりつむえんのかたちにるようでして」
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)