“にいさん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
兄様61.5%
兄君7.7%
兄樣7.7%
義兄7.7%
弟様7.7%
賢兄7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
狂風一陣こずゑをうごかしてきたる気の立つた折には、父様とうさん母様かあさん兄様にいさんも誰れも後生ごしよう顔を見せて下さるな、とて物陰にひそんで泣く
うつせみ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「昨日お前が帰るちふ電報が来たら、お前、大変喜んでのう、『お、嬉しやなア、兄様にいさんに会はずに死ぬかと思うたら、そつでも遇はれるかなあ、』つて嬉しがつたわの。」
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
「はははは。川島の兄君にいさん弟子でしになるのか?」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「だッて、川島の兄君にいさんなんか少尉だもの。僕ア中将になるンだ」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「おとうさま、川島の兄君にいさんが」と叫びつつ、花をさげたる十ばかりの男児おのこ武男がそばに走り寄りぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
おまへのかれてるは誰何どなたれるかえと母親はゝおやへば、言下げんか兄樣にいさん御座ござりましやうと
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
今日けふなほりまする、なほつて兄樣にいさんのおはかま仕立したてげまする、おめしふてげまする
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
番町ばんちやう旦那樣だんなさまいでくよりゆき兄樣にいさんがお見舞みまひくだされたとへど
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
義兄にいさん(医学士——姉婿を云う)は忙しいし、またちっとでも姉さんを出さないのよ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
病院の義兄にいさんは養子だし、大勢の兄弟なかに、やっと学位の取れた、かけ替えのない人を、そんなにしてしまっちゃ、それはうちでもほんとうに困るのよ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今は御運が悪くって山家へ這入って居る様子だが、彼の姉さんを嫁にもれえてえが傳次お前は同じ村に居るなら相談して貰いてえと頼まれましたが、そうすれば弟御様おとゝごさまは一緒に引取り、先方むこうで世話をしようと云う、お前さんも弟様にいさん仕合しやあせで
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
愚弟たゞちに聞きれて、賢兄にいさんひな/\と言ふ、こゝに牡丹咲の蛇の目菊なるものは所謂いはゆる蝦夷菊えぞぎく也。
草あやめ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)