“𣏾”の読み方と例文
読み方割合
くい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神戸では窓から数名の労働者が𣏾を打ち込んでいるのを見た。その方法は、この日記のはじめの方で、すでに述べた。我々は今、彼等の歌の意味を知った。
「人間に𣏾を打ち込むなんていくら法律だってひでえとわっしは思いますよ。人間を殺すのだって十分ひでえが、𣏾を打ち込むなんて全くひでえこっでさあ、旦那。」
銭をじゃらじゃら鳴らせ、売上高の勘定を始めるのを見ると、許生員は𣏾から幅ったい日覆を外し、陳列してあった品物を手繰り寄せた。木綿類の畳物と類の巻物で、ぎっしり二た行李に詰った。
蕎麦の花の頃 (新字新仮名) / 李孝石(著)