“麒麟山”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きりんざん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“麒麟山”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
そうかと思うと「双玉の原」から、真南にあたる高い峰、「麒麟山きりんざん」の頂きには、神人であると自称する「麗人族」が無数に住み、大建築を起こしていた。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) epub / 国枝史郎(著)