“髯長”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひげなが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“髯長”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「やあ、髯長ひげなが村夫子そんぷうし、なんじ何とて柄にもなき威容を作り、武門のちまたに横行なすか。すでに不逞の頭目玄徳も無頼漢の張飛もわが丞相の威風に気をうしない、風をくらって退散したのに、なんじまだ便々と下〓にたて籠って何んするものぞ。――早々故郷へ立ち帰って、村童の鼻汁をふいておるか、ひげしらみでも取っておれ」と
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR