“高代:たかしろ” の例文
“高代:たかしろ”を含む作品の著者(上位)作品数
小栗虫太郎1
“高代:たかしろ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
反玉足玉かえしたまざたちたま高代道反玉たかしろのみちあかしたま』とある——その中の高代たかしろの二字が、お母さまの瞳に映ったのですけど、文字力のない現在の十四郎には、それを高代たかよと読む以外にすべはなかったのです。ねえ、そうでございましょう。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)