“雪代”の読み方と例文
読み方割合
ゆきしろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山の釣り人はこれを雪代山女魚といっている。また、肉充ち脂乗って、味覚に溶け込む風趣を持ってくるのは、初夏から、渓水の涼風肌を慰める土用頃である。これを至味の変と言う。
雪代山女魚 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
コンニャクの煮たのをほおばって渡し舟に乗る。灰色の川水は雪代らしい。
江戸前の釣り (新字新仮名) / 三遊亭金馬(著)
はやは、利根川の雪代水を下流から上流へ上流へとってきた。
楢の若葉 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)