“雨障”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
アマツヽミ50.0%
アマヅヽミ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雨障”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学4.3%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
祓へを行ふ地方でおこなはれた、五月雨期の男女神人の禁欲生活が、雨障アマツヽミ又は、霖忌ナガメイミであつた。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
雨障アマヅヽミ常する君は、久方のきのふの雨に、懲りにけむかも(万葉巻四)