“錯覚:さくかく” の例文
“錯覚:さくかく”を含む作品の著者(上位)作品数
林芙美子1
“錯覚:さくかく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さうした、錯覚さくかくで、富岡は、今朝、このまゝゆき子と此の船へ乗れたなら、どんなにかたのしい船旅だつたらうと思へた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
何か収穫があるやうな錯覚さくかくで、日々を生きてゐるだけの自分が、ずるい人間のやうにも考へられて来る。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)