“鈍銀”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にぶぎん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鈍銀”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鈍銀にぶぎんかれゆく幕の前に、指組ゆびくめる「仁木につき」のごとく
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
漣さざなみ何が憂しとて鈍銀にぶぎんに暗くかげりてまた照るものか
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)