“金春館:こんぱるかん” の例文
“金春館:こんぱるかん”を含む作品の著者(上位)作品数
芥川竜之介1
“金春館:こんぱるかん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
日暮方に、南町へ電話をかけて置いて、帰ろうとしたら、清が「今夜みんな金春館こんぱるかんへ行こうって云うんですがね。一しょにきませんか。」と云った。
田端日記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)