“金春式唐織:こんぱるしきからおり” の例文
“金春式唐織:こんぱるしきからおり”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外1
“金春式唐織:こんぱるしきからおり”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鶉縮緬うずらちりめんの上着に羽織、金春式唐織こんぱるしきからおりの丸帯であるが、純一は只黒ずんだ、立派な羽織を着ていると思って見たのである。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)