“販馬商客”の読み方と例文
読み方割合
うまうり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『根本説一切有部毘奈耶』にいわく、昔北方の販馬商客五百馬を駆って中天竺へ往く途上、一の牝馬が智馬の種をんだ。その日より他馬皆鳴かぬから病み付いた事と思いおった。