“訕謗”の読み方と例文
読み方割合
せんぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れなる乙女は切なる初恋の盃に口つけする間もなく、身はいつの間にかこの恐ろしい毒焔のまきに包まれて、身動きも出来ない訕謗の糸は幾重にもそのいたいけな手足を縛めていたのである。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)