“訕誣”の読み方と例文
読み方割合
そしり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「女だってそうよ、虫も殺さないような顔はしていても、根が越後女だからな」私はこんな訕誣の声を聞くたびに言うに言われぬ辛い思いをした。私の同情は無論純粋の清い美しい同情ではなかった。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)