“角行灯:かくあんどん” の例文
“角行灯:かくあんどん”を含む作品の著者(上位)作品数
森田草平1
“角行灯:かくあんどん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
枕頭には古びた角行灯かくあんどんがとぼれて、その下の盆の上には、酔いざめの水のつもりであろう、土瓶どびんに湯呑まで添えておいてあった。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)