“複合”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
コンプレックス66.7%
コンプレッキス33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“複合”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 自然科学 > 科学理論 科学哲学3.0%
文学 > 文学 > 文学理論 作法1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
エディポス複合コンプレックスと云うことができるだろうね
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
しかし実際の事がらは決してこのように簡単ではなくて、人々の感覚は気温と共存する湿度、気圧風速日照等によるのみならず、人々のその瞬間以前におけるありとあらゆる物理的生理的心理的経験の総合された無限に多元的な複合コンプレックスの無限な変化によって、無限に多様な変化を見せるであろう。
科学と文学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
しかるにまた一方ではそういう普遍性を全くもたない個人的に特有な連想によって連結された観念の群あるいは複合コンプレッキスとでも称すべきものがある。
連句雑俎 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)