華客先とくいさ)” の例文
旅館や貸席などの多いその一郭を華客先きにして、そこの家では小綺麗な仕出し料理を営んでいたが、兄さんと呼ばれた主人はまだ三十五、六の背の高い男で
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)