“羅両峰”の読み方と例文
読み方割合
らりやうほう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
羅両峰鬼趣図とか云ふのは、写真版になつたのを見た事があつた。両峯は冬心御弟子だから、あの鬼趣図のプロトタイプも、こんな所にあるのかも知れない。
支那の画 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)