“羅両峯”の読み方と例文
読み方割合
らりょうほう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まさかお父さんも羅両峯の画がお芳にわかるとも思っていないんでしょうが。」
玄鶴山房 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)