“羃々”の読み方と例文
読み方割合
べきべき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一つのえて左右から引き合う。ようやくの事肉は大半平げたと思うと、また羃々たる雲をぬいて恐しい神の声がした。「肉の後には骨をしゃぶれ」と云う。すわこそ骨だ。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)