“纜縄”の読み方と例文
読み方割合
もやひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
纜縄解く、水篙撞き張る、早緒取り掛けて櫓を推し初むれば、船は忽ち神田川より大川に出で、両国の橋間を過ぎ、見る目も濶き波の上に一羽の鴎と心長閑に浮びて下る。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)