“縬織”の読み方と例文
読み方割合
しじらおり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
縬織」と呼ぶ織物でも名を広めました。糸の太いのと細いのとを混ぜ、張り方を一様にしないため、布のに凹凸が現れる特別な織物であります。見たところでは縮緬に似ているものであります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)