“綘絹裏”の読み方と例文
読み方割合
もみうら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
叩いた拍子に時子の綘絹裏の袖からころころと同じような紙屑が畳の上へ転げ落ちた。お茂の眼は輝いた。が、その輝きは輝いたことを羞じらうようにまた持前の暗い容貌に逆戻りした。
地上:地に潜むもの (新字新仮名) / 島田清次郎(著)