綈袍どてら)” の例文
そして冬中女の手のへらされた勝手元の忙しい働きの隙々に見るように、主婦からがわれている仕事に坐った。仕事は大抵、これからの客に着せる夜着や、綈袍や枕などの縫釈であった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)