“綈袍”の読み方と例文
読み方割合
どてら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして冬中女の手のへらされた勝手元の忙しい働きの隙々に見るように、主婦からがわれている仕事に坐った。仕事は大抵、これからの客に着せる夜着や、綈袍や枕などの縫釈であった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)