“絃誦洋々”の読み方と例文
読み方割合
げんしようやう/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
砲車は石を運ぶ台だと云つて作らせた。要するに此半年ばかりの間に、絃誦洋々の地が次第に喧噪と雑とを常とする工場になつてゐたのである。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)